記事

名古屋で中古マンションを購入する際に知っておきたい3つのこと

名古屋市内で中古マンションの購入を検討されている方の中には、名古屋市内でもどのエリアが一番快適な環境の中で生活することができるのか、中古マンション買うにはどんな流れで、そしてどれくらいの期間がかかるのかなど、気になっている方も多いかと思います。

そこで今回は、名古屋市で中古マンションを購入する際に知っておきたいポイントについてご紹介していきましょう。

 

名古屋で人気の居住エリアの特徴

まずは名古屋で人気の居住エリアをチェックしてみます。名古屋市内には千種区や中区など、エリアごとに様々な特性を持っています。

例えば、千種区は住宅街として人気の高い居住エリアの一つです。覚王山駅や本山駅など便利な駅が集中しているエリアであることや、オシャレなエリアとして取り上げられることも多く、名古屋市民的にも憧れのエリアでもあります。

そのため、中古のマンションであっても若干家賃は他のエリアに比べて高めの設定となっています。

また、名古屋の主要駅からは少し遠い距離になってしまいますが、天白区も人気の高いエリアでもあります。

こちらのエリアは居住がメインとなっているため、あまりお店などは少ないのですが、郊外ならではの生活しやすい環境が広がっています。また、郊外であることから家賃は千種区に比べると安いです。

住みやすさと買い物や遊びやすさで選ぶなら、瑞穂区がオススメです。こちらのエリアでは名古屋駅まで直通で行ける駅があり、大型のショッピングセンターも区内にあるので買い物にも比較的困りません。

家賃もそこまで高いというわけではないので家族から一人暮らしまで、幅広い方が住みやすいエリアになっていると言えるでしょう。

 

中古市場の相場

名古屋の中古マンション市場の相場を見てみると、千種区や東区、瑞穂区が高い相場を示しています。やはり人気のエリアということもあって、相場も高くなっていると考えられます。

逆に中古市場の中で安い地域は、南区や守山区、港区、天白区などが挙げられます。安い地域は車がないと不便などの部分もありますが、そういった部分が気にならないという方にはオススメの地域と言えるでしょう。

 

1.中古マンションを買うまでの流れと期間

名古屋で人気のエリアや中古市場がわかったところで、今度は中古マンションを買うまでの流れや期間を見ていきましょう。中古マンション購入は大きな買い物でもあります。しっかり買うまでの流れや期間も確認しておき、スムーズに購入できるように準備しておきましょう。

まずは資金計画から

最初に行うべきことは、物件探しではなく資金計画です。資金計画をしっかりやっておかなければ、どれくらいの予算で購入するのか、ライフプランに大きく影響してしまいます。

資金計画ではまず年収やライフプランを想定して住宅ローンの借入を検討しましょう。例えば今は子ども1人だけでも、今後2人目、3人目が誕生する可能性もありますし、住宅ローンを返済している途中で病気に倒れ、仕事を辞めざるを得ない状況がやってくる可能性もあります。

こうしたイメージを行うことで、どんなライフスタイルに変更となった場合でも無理なく返済できるように資金計画を作っていくことが重要です。

また、いくら余裕があるからと言って住宅ローンの借入上限いっぱいまで借り入れることはオススメできません。上限はあくまでも上限であり、借入上限いっぱいまで借り入れてしまうと返済に滞りが生じてしまう恐れがあります。なるべく借入上限まで借り入れず、本当に必要な分だけをローンとして借り入れるようにしましょう。

【関連記事】

⇒ 住宅ローンの不安やプレッシャーに対処するための5つのポイント

⇒ 住宅ローンの変動金利で気を付けること

⇒ 住宅ローン相談会の上手な活用の仕方

 

物件探しはどう行う?

物件探しには様々な方法がありますが、オススメは不動産業者とネットの物件検索サイトを併用することです。不動産業者は地元ならではのオススメ物件を紹介してくれる可能性が高いですし、ネットでは探せない情報を持っている場合もあります。

逆にネットの物件検索サイトは幅広い範囲から一気に自分の理想に合う中古マンションを探すことができるので、比較・検討したい時やどんな中古マンションがあるのか調べたい時に利用すると便利でしょう。両方を活用することで名古屋市内から自分や家族が住みやすい物件を見つけられます。

 

物件購入の申し込みから住宅ローンの事前審査

良い物件が見つかったら、今度は購入の申し込みと住宅ローンの審査が始まります。少しでも値引きしたい場合はこの時価格交渉に移りましょう。

ただし、良い物件であればあるほど買い手が他にも付きます。自分だけではないということを理解し、スピーディーに交渉することが大切です。

住宅ローンの審査に合格しないと物件を正式に購入することができません。早い人は物件の購入申し込みをする前に事前審査を受けていて、すぐに購入できるようにしているので、できるだけ早めに事前審査は済ませておきましょう。

交渉がまとまれば後は売買契約を結び、住宅ローンの本審査に移ります。住宅ローンの本審査は物件の契約を行っていないと実施できません。これは物件の価値をチェックし担保にできるかどうかを調べるためです。

 

決済と引き渡し

住宅ローンの本審査にも合格すると融資が実行されて、決済となります。決済や引き渡しに関しては金融機関で行われることがほとんどです。

売主と買主、金融機関の担当者以外にも、不動産業者や司法書士が同席します。この時登記の手続きの委任を行い、登記書類を司法書士に提出することになります。司法書士は引き渡しが完了すると登記申請を行い、それが完了すれば物件を自分のものにすることができるのです。

 

どれくらいの期間がかかる?

自分の物件になるまで多くの行程が入りますが、実際にかかる期間は人によって異なります。

物件情報を収集したり、現地見学に行ったりすることに時間をかければその分全ての行程が終わるまでの時間はかかりますし、ほとんど情報を集めなくても良い物件と巡り会えたという場合はかなり早い段階で引き渡しとなります。

期間は目安になりますが、最低2ヶ月はかかると考えておきましょう。住宅ローンの審査や申込みは一番時間がかかります。

 

2.不動産会社で中古マンションを探すポイント!

不動産会社で中古マンションを探す時のポイントとしては、まずその物件に資産価値があるかどうかが重要なポイントになってきます。上記でも挙げましたが、住宅ローンの本審査に入ると物件が担保になるかどうかも含めて審査されます。

しかし、借入額に見合わない資産価値しかないと判断されてしまうと住宅ローンの本審査から落ちてしまう可能性もあるのです。

住宅ローンの中には担保なしで利用できるものもありますが、中古マンションを探している段階で資産価値にも注目しておくと、後で困らずに済むでしょう。

また、管理状態が十分なされているかどうかもチェックすべきポイントです。特に中古マンションなので部屋の中だけではなく階段やエレベーター、郵便受けなどのエントランス部分もしっかり確認しておきましょう。

エントランス部分がきれいな状態であれば管理がしっかり行われている証拠ですし、そうでなければ生活しにくい環境である可能性があります。さらに、中古マンションのリフォーム・修繕の記録や、今後の計画なども合わせて確認しておくと良いでしょう。

この時、修繕積立金についても不動産会社に問い合わせれば教えてくれます。あとは自分の理想に合う物件かどうか、予算に合う物件かどうかなどを考慮した上で、不動産会社で中古マンションを探してみましょう。

 

3.中古マンションの購入契約の注意点や必要な書類を確認

中古マンションの購入契約の際にはいくつか注意しておくべきポイントがあります。例えば、売主の瑕疵担保責任です。瑕疵担保責任とは、引き渡し後すぐに雨漏りやシロアリによる被害が見つかった場合、売主側が修繕責任を負わなくてはいけないことを指します。

個人の売主だった場合は引き渡しから3ヶ月後までに問題があった場合、瑕疵担保責任を負うというケースが一般的です。ただ、中には瑕疵担保責任は一切負わないということもあり得ます。契約書の中で瑕疵担保責任についてどう説明されているのかチェックしておきましょう。

他にも売主の抵当権抹消について問題になるケースもあります。契約した時点で売主の住宅ローンが完済されておらず、決済の際に売買代金を用いて支払う、もしくは自己資金によって支払うなどを行い、担保から抜いて権利をまっさらな状態に戻します。住宅ローンが完済されていない物件の場合、契約書にこの旨が書かれているかどうかきちんと確認しましょう。

 

購入契約で必要な書類

では、購入契約に必要な書類をチェックしてみましょう。購入契約時に必要な書類は本人確認書類のみとなります。

他にも物件の契約書や重要事項説明書はありますが、当日不動産会社からもらう形が多いです。ただ、事前に契約書や重要事項説明書の写しをもらっておくと、家でじっくり説明書を確認してから契約に移ることができるので、なるべくこの形を取った方が後悔してしまうようなリスクも少なくできるでしょう。

また、書類ではないですが、手付金や印紙代、必要に応じて仲介手数料の半額が必要となるケースもあります。

 

住宅ローンの審査基準や必要な書類を確認

続いて、住宅ローンの審査基準や必要な書類について確認してみましょう。住宅ローンでは事前審査と本審査で審査基準に違いがあります。

事前審査では年収や勤続年数、借入・滞納状況がどうなっているかを調べます。この項目を調べることで、金融機関側は「この人に返済する力はあるのかどうか」をチェックするのです。

万が一、滞納した記録が残っていると返済能力がないとみなされてしまい、事前審査に落ちてしまう可能性もあります。

本審査では、返済能力以外に健康状態や物件の価値を確認します。物件は上記でも説明しましたが、健康状態は将来病気になってしまう可能性があるかどうか、そして団信(団体信用生命保険)に加入できるかどうかをチェックします。

過去3年以内に病気やケガで手術を受けたり、2週間以上医師から治療を受けているものがあったりする場合は、必ず告知しなくてはなりません。

これらの審査にかかる時間は最低でも2週間、最高で1ヶ月を要します。本審査に落ちると約1ヶ月の時間が無駄になってしまい、売買契約も白紙に戻ってしまうので、なるべく落ちないようにしておきましょう。

必要書類をチェックしておこう

住宅ローンを申し込みする段階で必要となる書類は以下の通りです。

・借入申込書
・収入確認資料
・本人確認書類
・健康保険証
・団体信用生命保険申込書兼告知書
・印鑑証明書

収入確認資料には給与証明書や源泉徴収票、住民税決定通知書などが使えます。本人確認書類には運転免許証やパスポート以外に、住民基本台帳カードなども使えるようになっています。また、住宅ローンの融資が決定してから必要になる書類もあります。

・金銭消費貸借契約書
・登記取次依頼書、委任状、領収書、振込依頼書
・印鑑証明書
・住民票
・収入印紙
・登記済証、登録識別情報通知書

これらの書類は融資が決定後、早めに準備しておくようにしましょう。これで決済・引き渡しの際にもスムーズな流れで手続きが行えます。

ただし、様々な条件によって必要となる書類が増えたり、金融機関によっても異なったりする可能性があります。どんな書類が必要になるのかはそれぞれの金融機関へ問い合わせてみましょう。

 

名古屋市内で中古マンションを購入するには、様々な行程を経て購入する必要があります。中古マンションは大きな買い物でもあるため、契約内容などを適当に見ていると後悔の元になってしまう可能性もあるので気を付けましょう。

また、資金計画というものも改めて重要なものになります。名古屋市内で安い中古マンションを購入できたとしても、資金計画を適当になっていることで返済が滞ってしまう可能性もあるのです。なるべく最初に行う資金計画にはしっかりと時間を割いておくと良いでしょう。

名古屋市には多くの中古マンションがあります。その中から自分の理想のライフスタイルに近付く生活ができるところはきっと見つかるはずです。ぜひ不動産会社と協力して理想のライフスタイルを手に入れましょう。

 

【関連記事】

⇒ 中古マンションの相場の決まり方と、適正価格の見極め方

⇒ 中古マンションのメリットとデメリットは?

⇒ 中古マンションの築年数、あと何年住める?

⇒ 中古マンションの値引き交渉をする前に知っておきたい5つのこと

 

これからも関連記事を読みたい方は、メルマガにもご登録下さい。たくさんの住宅購入をされた方達が愛読していた噂のメルマガです。ほぼ日刊で、家探しに役立つアイディアやポイントをお伝えしていますので、無理なくマイペースに住宅購入に必要な知識を学んでいただけます。(過去のメルマガ一覧はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

※ワンクリックでいつでも簡単に解除することが出来ます。

中古住宅探しのノウハウをまとめたレポートも無料でダウンロード出来ます。業界歴10年のプロが執筆した約20ページにもわたる盛りだくさんの内容になっています。こちらからダウンロードしていただけます。

;

家を探し始めたばかりの方は

メルマガ登録

家で幸せな暮らしを実現するためのアイディアやヒントを日々発信しています。ワンクリックで簡単登録&解除が出来ます。このメルマガを読んでいるだけで、住宅探しのコツやノウハウが分かるようになります。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

※ワンクリックでいつでも簡単に解除することが出来ます。 ※この申込フォームは128ビットSSL暗号化技術採用により、お客様の情報を最高水準のセキュリティで保護しています。

最近の記事

人気のコンテンツ



ページ上部へ戻る