記事

住宅ローンと団体信用生命保険

住宅ローンに影響する健康問題

住宅ローンには団体信用生命保険といって、もし借りた人の身に万が一のことがあった時に保険からローンの残債が支払われるものがあります。ほとんどの銀行が扱う住宅ローンには、この団体信用生命保険に加入することが条件になっています。

この団体信用生命保険に加入するには告知書に記入する形で質問に答える形式になっています。聞かれることは主に3つです。

(1)最近3ヵ月以内に医師の治療(指示・指導を含む)・投薬を受けたことがありますか?

(2)過去3年以内に下記の病気で、手術を受けたことまたは2週間以上にわたり医師の治療(指示・指導を含む)・投薬を受けたことがありますか?
【病気群】
狭心症、心筋梗塞、心臓弁膜症、先天性心臓病、心筋症、高血圧症、不整脈、その他心臓病、脳卒中(脳出血・脳梗塞・くま膜下出血)、脳動脈硬化症、その他脳の病気、精神病、うつ病、神経症、てんかん、自律神経失調症、アルコール依存症、薬物依存症、知的障害、認知症、ぜんそく、慢性気管支炎、肺結核、肺気腫、気管支拡張症、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、すい臓炎、クローン病、肝炎、肝硬変、肝機能障害、腎炎、ネフローゼ、腎不全、緑内障、網膜の病気、角膜の病気、ガン、肉腫、白血病、腫瘍、ポリープ、糖尿病、リウマチ、膠原病、貧血症、紫斑病、子宮筋腫、子宮内膜症、乳腺症、卵巣のう腫

(3)手・足の欠損または機能に障害がありますか?または、背骨(脊柱)・視力・聴力・言語・そしゃく機能に障害がありますか?

この中の(1)は、風邪で通院した時も含みます。(1)は内容次第ですが、(2)と(3)は結構厳しい結果になることが多いです。

だからといってウソは禁物です。

ウソをついて加入することは、いざ保険が必要になった時に、嘘で加入していたため保険が下りないことがあります。また信用の失墜にも繋がります。

よくインターネットなんかに嘘を書けば大丈夫なんてとんでもない指南があったりますが、絶対に嘘はついてはいけません。最悪の場合、ウソをついて加入しているのだから悪質とみなされ住宅ローンの一括返済を迫られる可能性もあります。

病気でも借りる方法はあります

それでは、健康上の問題を抱えている方は、住宅ローンを組むことが出来ないのでしょうか?そんなことはありません。きちんと手はあります。方法は大きく分けて3つあります。

(1)団体信用生命保険の加入が必須でないフラット35を利用する

(2)団信ワイドを利用する

(3)保険などで置き換えてもらえる銀行にする

まず(1)のフラット35では団体信用生命保険が任意なので、物件は限られますが一つの手です。(2)は通常の保険よりも条件を緩和したもので、少し金利はあがるもののそれ以外は同条件で加入できます。この種類があるかどうかは銀行によります。

そして(3)ですが、銀行の中には現在死亡保険に借入金額分加入していれば大丈夫というところもあります。

なんにせよ、提案や手続きにも影響がありますので、担当の営業が聞いてこないときで懸念がある場合は先に相談したほうがいいでしょう。

 

関連する記事を読む

⇒ 最近の団体信用生命保険がすごい

 

これからも関連記事を読みたい方は、メルマガにもご登録下さい。たくさんの住宅購入をされた方達が愛読していた噂のメルマガです。ほぼ日刊で、家探しに役立つアイディアやポイントをお伝えしていますので、無理なくマイペースに住宅購入に必要な知識を学んでいただけます。(過去のメルマガ一覧はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

※ワンクリックでいつでも簡単に解除することが出来ます。

中古住宅探しのノウハウをまとめたレポートも無料でダウンロード出来ます。業界歴10年のプロが執筆した約20ページにもわたる盛りだくさんの内容になっています。こちらからダウンロードしていただけます。

;

家を探し始めたばかりの方は

メルマガ登録

家で幸せな暮らしを実現するためのアイディアやヒントを日々発信しています。ワンクリックで簡単登録&解除が出来ます。このメルマガを読んでいるだけで、住宅探しのコツやノウハウが分かるようになります。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

※ワンクリックでいつでも簡単に解除することが出来ます。 ※この申込フォームは128ビットSSL暗号化技術採用により、お客様の情報を最高水準のセキュリティで保護しています。

最近の記事

人気のコンテンツ



ページ上部へ戻る