記事

名古屋市中川区の値下がりしない中古住宅の購入

愛知県名古屋市中川区は前田利家の生誕の地と言われ、大河ドラマ「利家とまつ」でも有名となった土地。ここに新築・中古住宅(マンション、戸建て)を購入しようと思った際に、いくつかポイントを押さえておかなければなりません。今の時代、値下がりしにくい家などあるのでしょうか。あるとすれば、どんな特徴を持っているのでしょうか。ガッカリしない住宅購入を詳しくお話ししていきます。

 

空き家とライフスタイルを考慮

空き家増加が社会問題化し空き家の利用方法を国政でも問題になっています。

住み替えの予定や賃貸に出す可能性がある場合はもちろん、住宅しての価値が大きく値下がりなどを考えると大金を投資して購入するのですから、大きく価値が下がる物は避けたいものです。

総務省統計局が5年ごとに発表している最新の調査結果によると全国の空き家数は820万戸(平成25年調べ)。2033年には、それぞれ2170万戸という予測もあり( 野村総合研究所調べ )。

建物の値段は老朽化など建て替えする事を考えると、土地は永久に利用できるため土地の価値を考慮する必要があります。また、駅からの徒歩時間を指す狭域立地よりも、沿線・駅・街を指す広域立地を考える必要性があります。通勤・通学や近隣にスーパーや病院ない不便な土地には住みたくありません。そのような土地の価値は当然低くなる傾向にあります。

反対に、日々の生活に便利な土地には人が集まり、そこに建つ家の資産価値は高くなります。暮らしの選択肢もスーパー・コンビニや銀行など、高度医療の病院や教育環境が整っていて、景観の美しさが保たれている事も大切です。無論、犯罪なども少なく地域住民のコミュニティが良好な場所は資産価値としても高いとされている。

住宅の買い時と売り時

建物の売買の最善策は、経済情勢の流れを掴みましょう。家の価格は、景気動向に応じて上下ていることが多く。景気が悪いときに値下がりしている家を買って、景気が良く価格が上がっているときに売れば資産は拡大する可能性が高いとされています。売りどきに売った直後に次の家を買うのは控えた方がいいともされますが、税金の関係もあるので、一概には言えないところもあります。

しかし、高く売れるという事は、周りの物件価格も高くなっているため、次の購入住宅の値段も高く設定されています。景気の循環によって、次の不景気になるまでの期間は賃貸住宅に住み、経済が下がり始めたら再度購入を検討すれば、住宅売却で得た売却益も賢く利用する事ができるでしょう。

 

名古屋市中川区で物件をお探しの方は以下のリンクをご参照ください。

⇒ 中古マンション

⇒ 中古戸建て

⇒ 新築戸建て

これからも関連記事を読みたい方は、メルマガにもご登録下さい。たくさんの住宅購入をされた方達が愛読していた噂のメルマガです。ほぼ日刊で、家探しに役立つアイディアやポイントをお伝えしていますので、無理なくマイペースに住宅購入に必要な知識を学んでいただけます。(過去のメルマガ一覧はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

※ワンクリックでいつでも簡単に解除することが出来ます。

中古住宅探しのノウハウをまとめたレポートも無料でダウンロード出来ます。業界歴10年のプロが執筆した約20ページにもわたる盛りだくさんの内容になっています。こちらからダウンロードしていただけます。

;

友だち追加

メルマガ登録

家で幸せな暮らしを実現するためのアイディアやヒントを日々発信しています。ワンクリックで簡単登録&解除が出来ます。このメルマガを読んでいるだけで、住宅探しのコツやノウハウが分かるようになります。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

※ワンクリックでいつでも簡単に解除することが出来ます。 ※この申込フォームは128ビットSSL暗号化技術採用により、お客様の情報を最高水準のセキュリティで保護しています。

最近の記事

人気のコンテンツ



ページ上部へ戻る