記事

リノベーションの意味とリフォームとの違い

リノベーションの意味とリフォームの違いについて説明しています。まだリノベーションについて考え始めたばかりの人が対象になりますが、具体的に業者訪問をしている人も役に立つ内容になっています。なぜなら、リノベーションの本質的なことから、リノベーションでやってはいけないことまで言及しているからです。

 

リノベーションの意味とリフォームとの違い

リノベーションの言葉の意味を調べると「1.手を加えて良くすること。修正。再生 2.改革。刷新」となっています。海外では、リフォーム全体を指す言葉として使われています。

またリフォームの意味を調べると「(人が)改心する。(組織などを)改革する、刷新する」となっていて、英語では住宅を改修するという意味は持っていません。つまりリフォームはほぼ和製英語に近いのです。

しかし日本では独自の使い方がされていて、この記事を読んでいるあなたもきっとその違いが知りたいのだと思います。ですからここからは、日本でのリノベーションとリフォームの違いについて説明していきます。

日本では、リフォームは「表面的な修繕」というニュアンスで使われています。ニュアンスという言葉を使ったのは、明確な定義というものがないからです。

それに対してリノベーションは「見えない部分も含めた大改修」という意味合いが強いです。例えば、マンションの一室を「スケルトン」といって内装を全部解体してしまい、部屋の内部を新しく作り直したり、戸建住宅で耐震改修を行ったりすることもリノベーションになります。

また最近では、「オシャレにする」や「間取り変更をする」といったところもリノベーションの範囲に含まれていることがあるように感じます。その他にも、価格の安い・高いで分けていることもあります。

このようにリノベーションとリフォームの違いは大雑把に分けることは出来ても、厳密には分けることが難しい側面もあります。ただリノベーションにしろ、リフォームにしろ本質的な役割というものがあります。ここからは本質的なお話をしていきます。

 

リノベーションやリフォームの本質的なところ

リノベーションという言葉は本来「改修をして価値を向上させる」という意味が含まれています。欧米では、なぜ改修工事全般をリノベーションと呼ぶのでしょうか?ここにリノベーションの本質があります。

なぜなら、欧米では住宅の改修自体が「住宅の価値をあげる、もしくは下げない」こととして認識されているからです。そしてその資産価値のためにリノベーションを行うのです。

ちなみに不動産先進国のアメリカでは、平均的な人で一生のうちに5,6回引っ越すと言われています。また日本と違い8割が中古住宅と言われていて、購入者はいずれ売るときのことを考え、価値が落ちないようにメンテナンスや修繕を繰り返します。

欧米ではそうやって修繕と売買を重ねてトータルでかかる住居費用を抑えながら資産形成をしていきます。日本ではこれまで住宅は消費材と捉えられてきましたが、欧米では住宅は資産形成の一環であり、投資に近い感覚だったのです。

日本は欧米と比べても平均的な収入は比較的高い部類に入りますが、それでも欧米の人たちの暮らしと比べて豊かさが足りないのは、実は住宅における資産形成が原因の一因だとも言われています。

昨今政府が新築一辺倒の政策から徐々に中古住宅の流通に力を入れ始めたのは、人口減少に起因する家余りという理由もありますが、これまでの住宅投資が全く日本に資産になっていなかったという反省によるものでもあるのです。

今後は日本でも住宅の資産化という考え方が広がっていきます。そこで、この記事の一番重要なポイントになりますが、リフォームにしろ、リノベーションにしろ、本質は資産価値にどれだけ効果があるのかという考え方がこれからは必要になってきます。

言われてみれば当然のことなのですが、残念ながら今の日本では「リノベーション」という言葉が先行してしまって、本質的なところは置き去りにされているような気がしてないません。そこで、私が考えるリノベーションでやってはいけないことについて説明します。

 

リノベーションの注意点

これまで見てきたようにリノベーションは本質的に価値向上を伴うものであるべきです。そして価値には、自分の価値感を基準にする価値と、外部が評価をする価値の二種類があります。

自分の価値感を基準にする価値とは、自分のオリジナリティを出したい間取りや設備など、おしゃれな暮らしをイメージしたものが多かったりします。それに対して外部が評価をする価値とは「価格」です。

そして重要なポイントになりますが、リノベーションをするのであれば、この「自分の価値」と「外部の価値」には開きが出ることも覚えておいてください。

例えば500万円の団地に1,000万円のリノベーションをしたとします。その物件を売り出したときにこの物件につく価値はいくらでしょうか?内容などにもよりますが、おそらく700~800万円くらいではないでしょうか。

合計で1,500万円かかっているのに、資産価値としては700~800万円くらいにしかならないのです。実際不動産仲介業を主業としている当社ではそういった事例をいくつも見てきています。

ネットでリノベーションを見てたりすると、おしゃれな事例や、お金もリノベーション費用を考えても新築より安い、といった魅力的な言葉がたくさん並んでいます。

確かにオシャレな間取りは暮らしにも精神的な豊かさをもたらしてくれます。お金も安くて当然です。だっていくら室内が綺麗でも建物は中古なんですから。

新築では、買った瞬間に価格が平均して2~3割ほど落ちると言われています。この価格差は「新築プレミアム」といって、新築業者の広告宣伝費や利益などが含まれていて、中古として市場に出た時は、新築プレミアムがなくなり相場で取引されるようになるために開く価格差のことです。

リノベーションも中身は新築になるし、注文住宅のように自分の好みに作れるメリットがあります。確かにそれでも合計金額は新築を購入するよりも安いかもしれませんが、そこには「リノベーションプレミアム」と呼ばれる価格差が発生する可能性があることを知っておかなければいけません。

この価格差を知っているのか知らないのかは、後々のライフプランに大きな影響を与えます。そして私が考える「リノベーションプレミアム」はせめて「新築プレミアム」と同程度の2~3割程度(物件価格に対して)以内に収めるべきだと思います。

 

そうはいっても最後は価値感

いかがでしょうか?リノベーションの意味やリフォームとの違いを説明する中で、かなり本質的な部分にも触れました。

よくよく考えてほしいのですが、なぜ不動産会社が売主になっているリフォーム済み物件やリノベーション済み物件と言われる中古物件に個性的なデザインや凝った趣向の物件が少ないのか。

それはプロである不動産会社は、どんなリノベーション(リフォーム)が一番価格に反映されるかを知っているからです。不動産会社の目的は利益追求になるので、自分がこうしたいといって作った物件は正直赤字になるので作りません。利益が出るように万人にとって無難がデザインにしているのです。

ただし、このように言ってはいるものの、最終的にはご自身の価値感になると思っています。これだけ言っておいて、最後は価値感なのかとツッコミもありそうですが、ここまで大きな買い物なので、理性だけなく感情も大事なのも分かります。私自身リノベーションも好きですし、当社でもリノベーションのワンストップサービスなども提供しています。

では、なぜこのようなことを長々説明してきたかというと、中古住宅を購入してリノベーションを考えているのであれば、「リノベーションプレミアム」は知ったうえで判断してほしいと思ったからです。

分かっていてライフプランに組み込んでいるのと、知らずに後悔するのとでは、全然違います。決して安くない大きな買い物になるので、知っておくべきことは知ったうえで正しい判断を出来るようにしてください。

 

これからも関連記事を読みたい方は、メルマガにもご登録下さい。たくさんの住宅購入をされた方達が愛読していた噂のメルマガです。ほぼ日刊で、家探しに役立つアイディアやポイントをお伝えしていますので、無理なくマイペースに住宅購入に必要な知識を学んでいただけます。(過去のメルマガ一覧はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

※ワンクリックでいつでも簡単に解除することが出来ます。

中古住宅探しのノウハウをまとめたレポートも無料でダウンロード出来ます。業界歴10年のプロが執筆した約20ページにもわたる盛りだくさんの内容になっています。こちらからダウンロードしていただけます。

関連記事

家を探し始めたばかりの方は

メルマガ登録

家で幸せな暮らしを実現するためのアイディアやヒントを日々発信しています。ワンクリックで簡単登録&解除が出来ます。このメルマガを読んでいるだけで、住宅探しのコツやノウハウが分かるようになります。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

※ワンクリックでいつでも簡単に解除することが出来ます。 ※この申込フォームは128ビットSSL暗号化技術採用により、お客様の情報を最高水準のセキュリティで保護しています。

最近の記事

人気のコンテンツ



ページ上部へ戻る