記事

リノベ-ションをするための中古住宅

リノベーションの中にはデザイン的な改装も含みますが、設備面など大規模な修繕を行うことが多いです。そして、大規模な修繕においては中古物件の躯体により、リノベーションのしやすさが変わってきます。

マンションの場合は割とその中身を変えればよいだけなのでやりやすい場合が多いですが、戸建てに関しては良し悪しが激しいです。年数がたっていてもしっかりしているものはリノベーションにより長く使っていくことが可能です。

しかし、本当は壊した方が早いという物件もあり、購入の際にしっかりと見ておかないと、買ったはいいもののリノベーションが困難だった場合に家計に与えるダメージが大きくなってしまいます。では、どう見極めればいいのでしょうか。

中古マンションの見極め

まずマンションの場合、「マンションは管理を見て買え」とよく言われます。管理状況が悪い物件だと保ちもよくないというのが一般的なため、避けることもしばしばあります。そして比較的建築年の浅いマンションでは床の下に配管のためのスペースを作ってあるため、例えばキッチンをアイランドキッチンにしたいと依頼されたら動かすことができます。

それに対し古いマンションの場合は配管を動かすスペースがないことがあり、難しくなってしまいます。当社はどのようなリノベーションをしたいのかあらかじめお客様に決めていただいた後に選別をかけるようにしております。

中古戸建ての見極め

次に戸建ての場合です。戸建ては、本当に見てみないとわからないというのが現実です。このあたりは経験的な部分とも言えます。

雨漏りはまだどうにかなりますが、基礎や傾きは土台の部分の問題であるため、土台がしっかりとしているかは確認事項のひとつです。

土台がしっかりとしていない場合、それこそ建て直した方が早いということになってしまうので、気を付けて見るようにしています。

この“見る”というのは実物と書面の両方を見るということです。しかし、古い建物では書面が残っていないことも多いです。昔はあまり売るということを考えていなかったようで、管理が徹底されていなかったのでしょう。このため、実物のみを見て判断を行うことも多いです。

 

 

関連記事

家を探し始めたばかりの方は

メルマガ登録

家で幸せな暮らしを実現するためのアイディアやヒントを日々発信しています。ワンクリックで簡単登録&解除が出来ます。このメルマガを読んでいるだけで、住宅探しのコツやノウハウが分かるようになります。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

※ワンクリックでいつでも簡単に解除することが出来ます。 ※この申込フォームは128ビットSSL暗号化技術採用により、お客様の情報を最高水準のセキュリティで保護しています。

最近の記事

人気のコンテンツ



ページ上部へ戻る