記事

住宅ローンを組むにあたって考えておきたい保険とは?

住宅を購入する時、住宅ローンを借りるのであれば、ほとんどの方が団体信用生命保険(以下、団信)に加入します。

しかし、団信に加入すればそれだけで安心でしょうか?

今回は団信に限らず、民間の保険も含めた、住宅ローンを組むのであれば考えておきたい保険についてご説明します。

所得補償保険で所得の減少に備える

団体信用生命保険で3大疾病や7大疾病なども補てんするタイプに入れば全て解決というわけでもありません。

それ以外の病気や、精神的な疾患なども考えられます。

そして、ケガや病気で働けなくなることによって生じる損失に対して備えるのが「所得補償保険」と呼ばれるものです。

あまり聞きなれい名前かもしれませんが、損保でも生保でも扱える第3分野と呼ばれるジャンルの商品です。

これは風邪とかの軽い症状のものを排除するために7日間の免責期間がありますが、それを超えた分が支払いの対象になってきます。

ケガや病気、商品によっては精神疾患も補てんの対象になります。

ただあくまで所得の減少分を補てんする意味合いの商品なので、今の所得を超えることは出来ません。

会社員の場合、健康保険からも3分の2は補てんされるので、残りの3分の1を保険として掛けます。

また商品によっては60歳・70歳まで保険金が支払われるものもあるので、ライフプランニングの万が一に備えてみるのはいかがでしょうか。

実は結構安価で加入しやすい

何となく高そうなイメージがするかもしれませんが、通常よりも安く加入する方法もあります。

例えばあなたの会社が商工会議所の会員になっている場合。これは名古屋商工会議所だけでなく、全国どこでもOKです。大体の会社は会員になっているのではないでしょうか。

商工会議所の会員である企業にお勤めであれば誰でも加入できる、割安な所得補償保険の団体商品があります。

保険料は約50%ほど割安になるので、結構お得です。

ちなみに勤め先もあまり知らないことが多いので、商工会議所に直接問い合わせれば、商品を扱う保険代理店を紹介してもらえます。

死亡保険や、がん保険や医療保険などは割と加入されている方は多いと思いますが、働けなることで発生する収入減にも備えておくことでより安心できるのではないでしょうか。

これからも関連記事を読みたい方は、メルマガにもご登録下さい。たくさんの住宅購入をされた方達が愛読していた噂のメルマガです。ほぼ日刊で、家探しに役立つアイディアやポイントをお伝えしていますので、無理なくマイペースに住宅購入に必要な知識を学んでいただけます。(過去のメルマガ一覧はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

※ワンクリックでいつでも簡単に解除することが出来ます。

中古住宅探しのノウハウをまとめたレポートも無料でダウンロード出来ます。業界歴10年のプロが執筆した約20ページにもわたる盛りだくさんの内容になっています。こちらからダウンロードしていただけます。

 

;

家を探し始めたばかりの方は

メルマガ登録

家で幸せな暮らしを実現するためのアイディアやヒントを日々発信しています。ワンクリックで簡単登録&解除が出来ます。このメルマガを読んでいるだけで、住宅探しのコツやノウハウが分かるようになります。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

※ワンクリックでいつでも簡単に解除することが出来ます。 ※この申込フォームは128ビットSSL暗号化技術採用により、お客様の情報を最高水準のセキュリティで保護しています。

最近の記事

人気のコンテンツ



ページ上部へ戻る