記事

被災したら、住宅ローンはどうなる?

3月11日で、東日本大震災から7年が経ちました。大勢の方が亡くなり、その衝撃は計り知れないものでした。

今もなお復興は進んでおらず、苦しい生活を強いられている人たちも大勢いると聞いています。

ここ東海地方でも他人ごとではありません。住宅を探しているお客さまも、少なからず地震のことを意識はしています。そして心配もしています。

「地震保険だけで足りるのでしょうか?」「地震が起こったらどうなるのでしょうか?」という質問は良く受けます。

地震が起こり家が倒壊して、住宅ローンだけが残ってしまう。あなたもこんな想像したことないですか?

生活が破たんしてしまうかもしれない。そう考えるのもごく自然なことです。

しかし、実は6年前の東日本大震災がきっかけで、そういった方のための救済制度が実は出来ているのです。

 

被災ローンの減免制度

この制度は、被災された方が元の住宅ローンを組んだまま、新しい住宅再建にかかる住宅ローンとの二重ローンで生活が窮しないようにするための救済制度です。

そして熊本地震が起こった後の2016年4月からはじまったこの制度が正式により運用されています。

制度の内容としては、一定の条件を満たせばもともとの住宅ローンを免除できたり、減額が出来るというものです。

一定の条件とは、目安として世帯収入が730万円未満や、ローンの返済額と今後の家賃の合計が年収の40%以上になる場合などがありますが、あくまで目安であって総合的に判断することになっています。

この制度により、被災者が多重債務者になり生活が破たんするのを一定量防げるようになったのです。

 

制度の内容は?

住宅ローンに限らず、自動車ローンなども対象になります。

金融機関との交渉は必要になりますが、同意が得られれば、蓄えの内、最大500万円と、そのほか債権を支援するための公的な支援金などを手元に残したうえで、出来るだけ返済し、返済しきれない分は免除してもらえるという仕組みです。

また自己破産とは違い、ローンを支払えなかったという情報が金融機関に残らないようになっているため、また新たに住宅ローンなどを組み直すことが出来ます。

ちなみに金融機関と交渉については、地元の弁護士会などを通して無料で支援が受けられます。

いかがでしょうか?

冒頭のような質問をされた時は、このように回答するとみなさん、かなり安心されます。

問題点があるとすれば制度があまり知れ渡っていないこと。熊本地震でも利用率が低いようです。

当社の仲介サービスは売って終わりではなく、一生涯付き合っているパートナーを目指しております。こういったところも含めてサポートしていくこともパートナーとしての役目だと考えております。

 

一生涯付き合っていける当社の仲介サービスの詳細はこちら

⇒ スタイルイノベーションのエージェントサービス「HOUSECLOUVER」

 

 

これからも関連記事を読みたい方は、メルマガにもご登録下さい。たくさんの住宅購入をされた方達が愛読していた噂のメルマガです。ほぼ日刊で、家探しに役立つアイディアやポイントをお伝えしていますので、無理なくマイペースに住宅購入に必要な知識を学んでいただけます。(過去のメルマガ一覧はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

※ワンクリックでいつでも簡単に解除することが出来ます。

中古住宅探しのノウハウをまとめたレポートも無料でダウンロード出来ます。業界歴10年のプロが執筆した約20ページにもわたる盛りだくさんの内容になっています。こちらからダウンロードしていただけます。

;

家を探し始めたばかりの方は

メルマガ登録

家で幸せな暮らしを実現するためのアイディアやヒントを日々発信しています。ワンクリックで簡単登録&解除が出来ます。このメルマガを読んでいるだけで、住宅探しのコツやノウハウが分かるようになります。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

※ワンクリックでいつでも簡単に解除することが出来ます。 ※この申込フォームは128ビットSSL暗号化技術採用により、お客様の情報を最高水準のセキュリティで保護しています。

最近の記事

人気のコンテンツ



ページ上部へ戻る