記事

レインズと不動産業界

レインズで不動産業界はつながっている

“レインズ”とは“リアルエステートインフォメーションネットワークシステム(Real Estate Information Network System)”という造語の頭文字をとった言葉です。

その名の通り、不動産物件情報の交換をするためのネットワークシステムで、日本全国の不動産業者ならアクセスが可能で、原則、売主よりお預かりした物件は掲載しなければなりません。

基本的に日本中の不動産物件情報がここに掲載されるため、成約件数もとても増えています。不動産業者であれば、誰でも見られる・共有できるシステムです。

一般媒介契約であればレインズに掲載する義務はありませんが、実際は一般媒介契約でも掲載されているものが多く、掲載率は非常に高いといえるでしょう。

⇒ 媒介契約の種類とその役割

 

レインズによる3者それぞれのメリット

売主・買主・不動産業者の3者のメリットについてご説明します。

 

―売り主―

一社の不動産会社に売り物件を依頼するだけで、全国の不動産業者に情報が届くため、全国の不動産会社に依頼したことと同等の効果が得られます。多くの人々の目に触れますので、売れやすくなります。

 

―買主―

以前はいろいろな不動産会社を回って、物件情報を探していましたが、このシステムを導入した現在では、基本的に一社の不動産会社に出向くだけで、日本中の流通物件を紹介してもらえます。

多くのユーザーが利用するポータルサイトは写真などがあり見やすくなっていますが、レインズのほうが掲載されている物件の情報量が圧倒的に多いため、たくさんの不動産会社を回らずに一社だけで物件情報の紹介を受けることが可能です。

 

―不動産会社―

まず自社の取扱い物件でないものでもお客様の条件に合わせた物件を紹介できます。(※名古屋市内だけでも一日に100件ほどの情報が登録されています。)

常に最新の物件情報にアクセスできるため、さまざまなニーズに合わせて紹介することが可能です。また、全てではありませんが成約事例というのも残っており、「過去にいくらで成約されたか」などが掲載されているため相場価格の参考になり、お客様からしても信頼のおける情報提供ができます。

 

;

家を探し始めたばかりの方は

メルマガ登録

家で幸せな暮らしを実現するためのアイディアやヒントを日々発信しています。ワンクリックで簡単登録&解除が出来ます。このメルマガを読んでいるだけで、住宅探しのコツやノウハウが分かるようになります。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

※ワンクリックでいつでも簡単に解除することが出来ます。 ※この申込フォームは128ビットSSL暗号化技術採用により、お客様の情報を最高水準のセキュリティで保護しています。

最近の記事

人気のコンテンツ



ページ上部へ戻る