記事

内覧の時にみる、欠陥住宅の3つのポイント(戸建編)

姉歯事件をはじめ、免震ゴム偽装や杭問題など、いつの時代もメディアを賑わす欠陥住宅の問題。

夢にまで見たマイホームが欠陥住宅だった場合のダメージは計りきれません。

じゃあ欠陥住宅に当たるかどうかは運次第なのかというとそうではありません。

中古住宅の場合は建築されてから年数が経っているので、その分欠陥を発見しやすいというメリットもあります。

ここではとくに一戸建ての内覧の時に見るべきポイントについてご説明します。

基礎と外壁を見る

中に入る前にまず外から見ていきます。特に基礎に大きな亀裂やクラックが無いかを見ていきます。

コンクリートなので多少のクラックは許容範囲としますが、大きなものが無いか注視します。

また外壁にもひび割れなどがないか確認します。もし外壁にヒビが入っているのならその場所を覚えておきます。

あとから中を見る時に役に立ちます。

窓の開け閉めを確かめる

これは簡単でかなり効果のるポイントです。

窓の開け閉めがスムーズでない場合は、ただ単に古くて滑りが悪いだけという時もありますが、建物の傾きがあるかもしれないということが分かります。

建物の傾きは地盤の弱いところで、杭を打っていない住宅で良く見受けられます。

窓の開け閉めは出来るだけ全部屋で行うようにしましょう。

ピンポン玉などのボールを置いてみるのも傾きを調べる上では有効です。

一つの方法でなく複数の方法で確かめた方が、確度があがります。

天井や壁を見る

中を見る時は天井や壁紙に水がしみたような跡が無いかを見ます。

外を見た時に発見した、外壁にヒビがあったところなども雨漏りしていないか確認します。

そして雨漏りはいつからか、修繕は?などを売主サイドに聞いていきます。

あまり長い間放置しているようだと、柱などが傷んでいる可能性もあります。

これらのポイントは、簡単ではあるものの、表面的な補修では直せないような建物の傾きや主要構造部分の傷み具合が分かるので、少なくともこのポイントは抑えておいた方がいいです。

このポイントが大丈夫で、物件も気に入ったのであれば次は専門家を通したインスペクションをしていけばいいと思います。

あと番外編ですが、案外あなどれない方法がスリッパをはかないこと

人が住まなくなってほこりを被っている物件もありますが、そこは専用の靴下を用意します。

よごれてもいいもので、内覧が終われば履き替えます。

足の感触というのは意外に大事で、歪みやたわみなどがあればすぐに気がつきます。

傷み具合なども分かりやすいのですが、スリッパだとその感触が分かりにくくなります。

なので内覧に行くときはスリッパではなく、これからは靴下ですね。

 

これからも関連記事を読みたい方は、メルマガにもご登録下さい。たくさんの住宅購入をされた方達が愛読していた噂のメルマガです。ほぼ日刊で、家探しに役立つアイディアやポイントをお伝えしていますので、無理なくマイペースに住宅購入に必要な知識を学んでいただけます。(過去のメルマガ一覧はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

※ワンクリックでいつでも簡単に解除することが出来ます。

中古住宅探しのノウハウをまとめたレポートも無料でダウンロード出来ます。業界歴10年のプロが執筆した約20ページにもわたる盛りだくさんの内容になっています。こちらからダウンロードしていただけます。

;

家を探し始めたばかりの方は

メルマガ登録

家で幸せな暮らしを実現するためのアイディアやヒントを日々発信しています。ワンクリックで簡単登録&解除が出来ます。このメルマガを読んでいるだけで、住宅探しのコツやノウハウが分かるようになります。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

※ワンクリックでいつでも簡単に解除することが出来ます。 ※この申込フォームは128ビットSSL暗号化技術採用により、お客様の情報を最高水準のセキュリティで保護しています。

最近の記事

人気のコンテンツ



ページ上部へ戻る