記事

名古屋市熱田区で中古住宅~相続のカギ 不動産投資

相続税対策の一環として不動産投資を行うという話を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。そして、 名古屋市熱田区は東海道の宿場となった熱田神宮の門前町、歴史や文化を大切にしながらも生活しやすい街へ変化してきているからこそ、ここに新築・中古住宅(マンション、戸建て)としての不動産投資の可能性も秘められています。

しかし、不動産には相場変動に伴う価格下落リスクがあるため、現金預金で相続する方が安全だと思っている人も少なくはないでしょう。ただ、相続を有利に進めるためには、こうした正しい不動産投資を正確に理解することも重要です。

 

課税資産額を圧縮する事を考えましょう

相続税額を算定する際には、相続財産から負債などを加減して課税資産額を計算。次に課税資産額から基礎控除額を差し引いて、課税対象となる遺産額が確定されます。

基礎控除額は「3000万円+600万円×法定相続人の数」で計算されるので、基礎控除額を上回る相続財産があるとすれば、最低でも10%の税率が適用されるため、遺産額が1,000万円超から3,000万円以下で15%。3000万円超から5000万円以下は20%。5000万円超から1億円以下では30%などと小刻みに税率が上がっていきます。

その為、課税資産額を圧縮することを考える事が重要になります。

 

将来にわたって収益を生む不動産投資

相続財産の評価額は、種類により異るため現金や預金は額面がそのまま評価額。有価証券や不動産などそれ以外の資産については、その特性に応じた評価方法が定められています。

土地は原則として地目ごとに評価されるため、評価方法は路線価方式と倍率方式の2種類があります。

路線価は定められている地域では前者を用います。その際、路線価をその土地の形状などに応じた奥行価格補正率などで調整した後に、当該土地の面積を乗じて計算。

建物は固定資産税評価額と同額に評価されます。一般的に路線価は時価の約70%。固定資産税評価額は建築費の50~70%程度だと言われています。

 

例えば、子どもが購入したマンションを親へ売却してリースバックすることで、課税対象財産を圧縮する方法もあります。この方法を実行すれば、子には時価相当の現金がただちに渡ります(自宅売却であれば、不動産譲渡益課税に際し3000万円の特別控除枠を利用できます)。その一方で、相続時には時価から大幅に減価された評価額で不動産が承継されます。

このように不動産をうまく活用すれば、相続税額を減らせる上に、将来にわたって収益を生む資産を残すことも不動産投資の心得にもなるでしょう。

名古屋市熱田区の物件をお探しの方は以下のリンクをご参照ください。

⇒ 中古マンション

⇒ 中古戸建て

⇒ 新築戸建て

これからも関連記事を読みたい方は、メルマガにもご登録下さい。たくさんの住宅購入をされた方達が愛読していた噂のメルマガです。ほぼ日刊で、家探しに役立つアイディアやポイントをお伝えしていますので、無理なくマイペースに住宅購入に必要な知識を学んでいただけます。(過去のメルマガ一覧はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

※ワンクリックでいつでも簡単に解除することが出来ます。

中古住宅探しのノウハウをまとめたレポートも無料でダウンロード出来ます。業界歴10年のプロが執筆した約20ページにもわたる盛りだくさんの内容になっています。こちらからダウンロードしていただけます。

;

家を探し始めたばかりの方は

メルマガ登録

家で幸せな暮らしを実現するためのアイディアやヒントを日々発信しています。ワンクリックで簡単登録&解除が出来ます。このメルマガを読んでいるだけで、住宅探しのコツやノウハウが分かるようになります。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

※ワンクリックでいつでも簡単に解除することが出来ます。 ※この申込フォームは128ビットSSL暗号化技術採用により、お客様の情報を最高水準のセキュリティで保護しています。

最近の記事

人気のコンテンツ



ページ上部へ戻る