記事

媒介契約の種類とその役割

keiyaku_title

媒介契約とは?

不動産業者に物件の売却・購入を依頼する際は必ず媒介契約を結びます。
媒介契約は宅地建物取引業法で定められている行為で、3つの形態に分けられます。
また、契約の種類によって依頼主と不動産業者との関係や業務、権利が明確になります。ここでは、それぞれの特徴とメリット・デメリットを見ていきましょう。

媒介契約の種類

G1_title

特定の不動産業者に依頼し、他の不動産会社に重複して依頼することは出来ません。また、依頼主の方が直接買い主を探すこともできません。依頼を受けた不動産会社は5営業日以内に国土交通大臣の指定する流通機構(以下レインズ)に登録しなければなりません。また依頼主に対して、1週間に1回以上の頻度で売却活動の状況を報告しなければなりません。

⇒ レインズと不動産業界

G2_title

先述の専属専任媒介契約と同じく、他の不動産会社に重複して依頼することは出来ませんが、依頼者は自分で買い主を探す事が出来ます。そして専属専任媒介契約と同じくレインズの登録や報告が義務付けられますが、レインズは7営業日以内報告義務も2週間に1回以上となります。

G3_title

依頼主は何社でも不動産会社に依頼することが出来ます。また、買い主を自分で見つける事も可能です。レインズへの登録義務や報告義務はありません。

媒介契約について

baikai_hyou

一見すると一般媒介が、色んな業者に任せることが出来て、売れる可能性が高いように見えます。また、専任媒介であれば自分で見つけることも可能なので、不動産仲介手数料が発生せずお得なように感じます。自分で買主を見つけられるのならば、それでいいかもしれません。しかし、不動産の購入者を探すのは想像以上に難しいことなのです。

色んな業者に任せることがデメリットにも

色んな不動産会社に任せることや、自分で購入者を探すというメリットに見えることが、実はデメリットにもなりえます。

そもそも依頼を受けた不動産会社には、極端な話、売れても売れなくても責任はありません。そして他の不動産会社に決まれば仲介手数料が入らないので、おのすと販売活動に力が入りません。

もちろん広告費もかけません。レインズにも掲載義務はありません。依頼を受けてもほとんど何もしないというのが実情です。それに対して専属専任媒介は、仮に売主が直接購入者を見つけたとしても必ず仲介手数料が入ります。つまりその物件が売れれば確実に利益になるので、おのずと力が入るわけです。

レインズに掲載すれば、全国の不動産会社に依頼したのと変わらない実際に専属専任媒介の場合は、媒介契約締結後、5営業日以内にレインズに登録しなくてはいけません。そしてこのレインズに登録しなくてはいけません。そしてこのレインズは、全国の不動産業者が見れるようになっているため、実質的に全国の不動産業者に依頼したのと変わりません。それは高く売れるという可能性が高くなるということに他なりません。

⇒ レインズと不動産業界

関連記事

家を探し始めたばかりの方は

メルマガ登録

家で幸せな暮らしを実現するためのアイディアやヒントを日々発信しています。ワンクリックで簡単登録&解除が出来ます。このメルマガを読んでいるだけで、住宅探しのコツやノウハウが分かるようになります。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

※ワンクリックでいつでも簡単に解除することが出来ます。 ※この申込フォームは128ビットSSL暗号化技術採用により、お客様の情報を最高水準のセキュリティで保護しています。

最近の記事

人気のコンテンツ



ページ上部へ戻る