税制、その他制度

  1. 中古住宅購入時に利用できる補助金・助成金・減税の一覧

    中古住宅に限らず住宅を購入しようと思ったらどういった助成金や減税があるかは気になるところです。ここでは、どんな制度があってどれが自分に関わってくるのか、中古住宅購入時に利用できる補助金と減税の一覧にしてご説明します。これから住宅を購入しようとしている方にとってお役に立てていただけると思います。

  2. 親から贈与を受けるのなら気を付けておくべきこと

    オフィスのデスクより、国税局が昨年度(平成27年度)に提出された確定申告書などの状況についてまとめた報告書によると、住宅取得時における贈与額の平均は986万円だったそうです。平成22年ころから住宅取得時贈与税非課税の枠が拡大してから一気に増えたそうです。

  3. 住替え時の「3,000万円特別控除」と「住宅ローン控除」

    今後ますます増えていくであろう住み替え。当社でも一定数のお客さまが住み替えでご相談にいらっしゃいます。この時に売るときの税制優遇と、買うときの税制優遇の二つが影響してきます。何も考えずに住み替えを進めていってしまうと、後から税金のことで損した、ということになりかねません。

  4. 「50㎡未満」のマンション購入での注意点

    ご存知の通り、日本の人口減少はもうすでに始まっています。世帯数自体は核家族化の影響もあり2019年がピークで、その後減少に転じると言われております。しかし、単独世帯数に限って言うと2030年ころまで増え続けるいう予測が国立社会保障・人口問題研究所より発表されています。

  5. 相続した空家 譲渡所得の3000万円の特別控除 -手続き編-

    平成28年度税制改正で、相続により空家になった不動産を売却し、要件を満たした場合は譲渡所得から3000万円を控除できる『空家の3000万円特別控除』が創設されました。その内容や主な適用条件は以下の記事を参照ください。

  6. 「固定資産税」の払い過ぎが全国で続発中!?あなたは大丈夫ですか?

    長い間、何の疑いもなく「そういうもんなんだ」と考えて、特に考えることなく納めてきた固定資産税。大体の方はそんな感じではないでしょうか?しかし昨今では、固定資産税を払いすぎていたという事例が頻発しているそうです。

  7. 今、なぜ相続対策が注目されているか?

    昨今、相続税を取り巻く対策がにわかに熱を帯びてきています。不動産もこの相続税対策には欠かせない要素であることから、何回かに分けて書いていきます。まず今回は相続の基本的な仕組みや相続対策の必要性についてです。

  8. 相続した空き家 譲渡所得の3000万円の特別控除

    マンション等の新しい建物の建築が進んでいる中、古くなって空き家となっている建物も各地で目につきます。

メルマガ登録

家で幸せな暮らしを実現するためのアイディアやヒントを日々発信しています。、ワンクリックで簡単登録&解除が出来ます。このメルマガを読んでいるだけで、住宅探しのコツやノウハウが分かるようになります。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

※ワンクリックでいつでも簡単に解除することが出来ます。 ※この申込フォームは128ビットSSL暗号化技術採用により、お客様の情報を最高水準のセキュリティで保護しています。

最近の記事

社長のつぶやき

公式LINE@

LINEで気軽に質問や問い合わせをしてみよう

友だち追加
ページ上部へ戻る